文芸翻訳検定、またまた不合格

2度目の挑戦でいけるかな…と思っていましたが、また不合格でした。
ようやく「なかなかハードルは高いよ」ということに気付いております。IMGP1839

今回の翻訳課題はジェフリー・アーチャーの小編だった(そう)ですが、ということはイギリスで鍛えた私としては読みやすかったはず。なのに設定がアメリカだったので、しかも、個人的感想としては、この人の文章は好きではない!と試験解答中に気付いてしまったため、あまり気持ちが入りませんでした。

審査された方々の講評としては、いろいろと自信になるようなお褒めの言葉もいただき、マア次は三度目の正直、となることを期待しています。

いつしか、自分の翻訳した書籍が日本の書店に並ぶ日が来るでしょうか。(もし来たら皆さん買ってください)

Advertisements

About Dr Kats

a working sociologist/linguist/translator based in Odawara, Japan
This entry was posted in 日本語ブログ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s