地方裁判所の競売

競売の話は書いたかな。3月の競売物件で、ちょうどいいのがあったので、入札することにした。
下関の家を建てる資金のための投資にもいいかなと。保証額(入札の基準になる価格)は293万円で、最低入札額はその80%。建物付き土地でこの価格。広さは大体50坪ほどあったかな。家は5DK。一応、両親が住むための家ということなので、広さ的にも申し分ない。
 
で、いくらで入札するかを決めるのに、やっぱり貯金もそんなにないし、ローンも組めるけどあんまり今からローン地獄に足を突っ込むのもなんだかなぁとおもいながら、夕方タバコをすいながらふとみると、外灯がチカチカしてて。良く見ると、3回チカチカして一旦消えて、もう1回ちかっとして、又消えて。
 
そうか、310万円にしよう。
 
ってなことで決めましたが。結局は450万円で落札されてしまいました。まぁ当然といえば当然か。しかし450万でもお買い得なんですよね。ちょっと資金に余裕がある人は、ほんとに競売で買ったらいいと思います。落札してから登記移行手続きとか、いろんな手続きは裁判所が直接やってくれるし。売り手の立ち退きの問題とか起ることもあるらしいけど、それがどの程度煩わしい行程なのかは、まだ知りません。
 
とにかく、もう一回挑戦してみようと思います。
 
ちなみに、下関に家を建てる計画は、続行中。今年のゴールデンウィークには、小さな小屋をたてる予定です。
Advertisements

About Dr Kats

a working sociologist/linguist/translator based in Odawara, Japan
This entry was posted in My (parents') House Project, 日本語ブログ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s